読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アカルコア

「明るい声で挨拶」すること!

仏生山学舎さん見学会

KUMON学習療法 デイサービス然

香川の仏生山学舎さんの取り組みを、然のスタッフみんなで見学してきました。

「学習療法」で最も重視されるコミュニーケーションの時間。テクニックだけでなく、利用者さんへの思いやりが溢れる対面ケアでした。

寄り道
うどんの田
肉うどん売り切れ。残念っ。

うどんの田

肉うどん

うどん県

介護福祉士実務者研修にて

ボイストレーニング・プレゼンレッスン

【明るい声で挨拶 アカルコア】
おはようございます。
アカルコアは、明るい福祉・介護事業所作りのための人材育成のお手伝いをします。


ほかにも・・・

講師業に欠かせない発声テクニックをお教えします

法律改正により2016年度(第29回)介護福祉士国家試験から受験者には介護福祉士実務者研修を修了することが義務づけられました。
実務者研修の教壇に立つことが増えたから話し方・声の出し方をチェックして!とアキさんから連絡をいただきさっそく研修風景を見せてもらいました。生徒さんは年齢層もキャリアも幅広い!みんなの心を1つにまとめるのが難しいけど、仕事の合間をぬって参加している皆さんにちょっとでも楽しみながら学習してほしいというアキさんの人柄が溢れる授業でした。

これから関わることが増えていく介護の現場、プロの方が学んでいることを知れてとても勉強になりました。

**

アカルコアは見学会直前挨拶トレーニング、施設案内状作成、パンフレット改正時の校正など事業所が円滑に運営できるようなんでもお手伝いいたします。

本番を想定してトレーニング

ボイストレーニング・プレゼンレッスン

ビジネスプレゼンの大会直前、自宅近くの公民館の講堂を借りて本番を想定したレッスンです。一緒に作りあげたプレゼン内容、ついつい気持ちが入るのでレコーダーに録音してできるだけ客観的な気持ちで聴くんだけれど…。
マイクを使って響きや声のノリをチェック。プレゼン大会当日まであと1週間!

介護現場に求められる接遇とは

社内研修(介護・福祉施設)

チラシはいつも手作り。
病院が経営する介護施設から2事業所の20人が集まってくれました。

女性起業支援センター  阿南出張セミナー

セミナー・勉強会

女性起業支援センター

センターとのご縁は今年の5月。
スピーカーとして「自分らしく働く、自分らしく生きる」というテーマで
参加者のみなさんとお話させてもらったのがきっかけでした。

女性起業支援センターからの今回の依頼はプレゼンに欠かせない声の出し方について。
当日フタを開けてまると参加者さんは仕事で人前で話すことが必要な人や自分の声質が気になる方までいろいろ。帰り際、相談員のお仕事をされている方からから「元気もらいました」と言っていただけて嬉しかったです。「うちの子声が小さくて…」とお子さんの相談もありました( *´艸`)

プレゼンの最終目標は?一緒に仕事がしたい、と思ってもらえること!

営業部女子課 徳島支部 勉強会

セミナー・勉強会

営業部女子課徳島支部から依頼をいただき、勉強会講師をしてきました。



テーマは「話し方と声で女性の印象は180度変わる!
~実践ボイストレーニングトークレッスン~」
この前のACT でのスピーカー同様、タイトルに力が入ってしまいました(-。-;

目的用途に合わせた声の出し方、心地よいと思ってもらえる声の質について話したあと、参加者みなさんに基本的な発声発音の簡単なトレーニングを体験してもらいました。
最後は声質に注目しての1分スピーチ。
あっという間の90分でした。


ふだん仕事のなかで何気なくしている声のトーン調整やテンポ調節について、改めて文字にしてまとめたので私にとっても勉強になる時間でした。当たり前に思っていた声の出し方や声質について意外と悩んだり気にしている方が多いことを知り、いろんな角度から「声」について考えるきっかけになりました

自分らしく働く、生きる

セミナー・勉強会

女性起業支援センターactのセミナーにスピーカーとして参加した5月。

依頼をいただいて、私が人に話せることって?と悩んだ結果できることをひとつだけ思いつきました!


それは人に「インタビュー」すること。


編集の仕事もリポーターも、お話しを聞かせてもらいそれをまとめて伝えることが基本です。それしかできないんだからそれをやろう!とさっそくアプローチしたのは大学のとき憧れていた同じクラブのM先輩。お声をきくのは実に18年振りでした。
3つ上なので、私が入学したときには引退してたけど、就活の合間にBOX(部室をこう呼んでました!懐かしいっ)に来て発声練習を見てもらったり。
入部当初先輩たちから「みやさちはMさんとキャラがかぶるなぁ」と言われ、恥ずかしく嬉しかったのを思い出します。

インタビューのテーマ「自分らしい働き方と生き方」。

M先輩は、子育てしながらもご自身の魅力を活かしフリーランスとしてお仕事をしています。オペレーター運営会社勤務を経て現在は、ナレーション、司会、生涯学習講座の講師として活躍。活動の場を広げるきっかけや秘訣について教えてもらいました。さらにM先輩から四国夢中人という団体の発起人がすごく面白いよとインタビュー記事を教えていただきました。そしてホームページを見てさっそく発起人の女性に突撃電話インタビュー。この方は三人のお子さんが手を離れた44歳のとき大学院に入学、フランス語講師になり講義の場をつくるため大学・高校・料理学校に企画書を持参し営業開拓。さらに四国の魅力を世界に広げるため8年前から毎年パリのジャパンエキスポに出展、欧州のブロガーを四国に呼ぶツアーを企画…というすごく素敵な方!突然の電話にも関わらずいろんなお話を聞かせてくださったそのお声は優しくて穏やか。実現する強い気持ちはもちろん、人に愛されることも企画成功の理由に違いない!と感じました。

かっこいい女性たちにパワーをいただき、いざ、セミナーへ。

2時間のなかでは新しいことにどんどんチャレンジしていく上記のおふたりを紹介し、さらに参加者の皆さんからも自身に変化が起きたとき、新しい扉を開けたと実感したときのことを教えてもらいました。

その結果「考え込まずに動いて人と会って人と話す」ことがいかに重要かを再認識。


「今の私は頑張っているのか、育児を言い訳にしているのでは…とかなんとかひとりで考えても仕方ない、とにかく動いて人と会って人と話そう。新しい扉はそこにしかない! 」。準備期間も含め、いろんなやる気がフツフツと湧き上がりとても良い刺激をもらいました。poco a poco…少しずつですが、前へ前へ進みたいと思います!

追記
仲之町の女性起業支援センターはキッズスペースあり。フリーWiFiあり。